スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの太陽のリング

2012年5月21日

ついに、金環日食をみることができました。

・・・・・何十年来の夢なの?(^^;

以下、長いんだけど、自分の記録のために書きとめておく。


私、小さいころから星空を眺めるのが好きで、
一番古い星の記憶は幼稚園に入るかはいらないくらいのころ。
その話は今夜ははぶくけど

小学生の時、星座の本に出会って、
ひしゃく星やオリオン座、カシオペア座しかしらない私は
学校の図書館にいっては、
「今夜はこの星座を覚えよう」って決めて、
自分の知ってるひしゃく星の「この星とこの星をつないで〇倍したら、この星座のここになって・・」って
ノートに星の絵を書いては夜その星座を探して・・そうやって星座をひとつずつ覚えていきました。

そんな私が目をうばわれたのが金環日食の写真。。

こんな現象があるんだと・・

自分は絶対、大きくなったら絶対、この天文現象をみるんだと、
心に誓ったのは小学校何年生の頃だったのかしら?

その後、金環日食のツアーに申し込む意思表明をしておきながら、かなわなかったことも。。

次の機会を待ってむかえた今年。

大分県では佐伯市で金環になる!!!
もちろん、佐伯市が晴れるなら、その前日のトリのホームゲームをみて、そのまま佐伯市にむかう・・
佐伯市が無理そうだったら、そのまま宮崎、鹿児島へとむかう・・
そう決めていたの。

たまたま2月にまいこんだ、姫路市からのお仕事の誘い。
5月19日に姫路市にいくことになったけれど、
それでも佐伯市でみれるなら大分に帰らなきゃって思ってた。

だけど、覚悟はしていたの。
天気に左右される天文現象をどうしてもみたいなら、その日の行動を決める予定を組んではいけないと。
かつてのレオニズ(しし座流星群)の時、晴れ間をさがして車で移動し続けた。
だから決して、その日は何の予定もいれない。
どこに宿泊するかも決めてはいけない。

そんな決意をあらかじめ家族に伝えて姫路に出発。
土曜日から、天気予報チェックをずっと続けて、
もう、九州に戻るのはあきらめた。


それでも日曜日の夜7時くらいまで、
どこにいけばいいのか悩んだ。
天気予報は、どこも曇りマーク。
このまま関西にいても、どうせみれないんじゃないか。
それなら、今夜のうちに大分にかえって、明日家でゆっくり休んだほうがいいんじゃないか。
私はGWもほぼなかったわけだし・・
最近土日も休んでなかったわけだし・・

でもね。
少しでも可能性のある場所を去って、絶対可能性のない場所へ帰ってしまったら
もし関西でみれようが見れないだろうが、チャレンジしなかったら絶対後悔するって思ったの。

そして泊ったのは翌日の移動を考えて新大阪。

期待したホテルの部屋は、東向きの部屋はとれなかった。

夜、携帯の磁石をみながらホテルのまわりをうろうろしてみたけど、東側は高いビルに囲まれて。

そしたら、通天閣が朝6時から開業するっていうじゃない!!
通天閣の隣が動物園??とかで東が開けていると。
悩んで悩んで・・・朝5時半にホテルでて・・
そしたら太陽が低くてビルの谷間だわ、雲はでてるわ
だけど、目にとまった駅前の歩道橋・・
結果、6時半ごろから歩道橋の上へ。
そのころには雲はなくなりぎらぎらてりつける太陽はビルより高く
歩道橋の上には数人の人が日食グラスをつけてみていたの。

私もグラスを取り出して欠け始めた太陽をみていたら、おじさんが声をかけてきた。
いや、正確には大阪的には「おっちゃん」か?

お好み焼きやさんしてるおじさんと、
娘さんの引っ越しの手伝いにきた名古屋のご夫婦と、
途中からくわわった中学生くらいの女の子たち。
わいわいがやがやものすごく楽しい楽しい1時間になったんです。

これ、最初の歩道橋の上の風景。
1

どんどん金環が近づいてきたときの風景。
6

歩道橋の上から木漏れ日をうつして、
3

すでに細くなってきた木漏れ日をみながら、金環になったら、木漏れ日が輪になるのかなってわくわくして

ああ、でもだめだったな。
7時くらいから雲がどんどんでてきて、
木漏れ日は薄くなっていったの。
4
でも、いくらか細くなってるかな???

増えていく雲。増えていく人。
ふと新大阪駅をみると、
最初はこのくらいの人口密度だったのに
2

日食が進むにつれて
端から端まで同じ方向をみあげて日食グラスをかかげたスーツ姿の人人人!!!
7

私はカメラはたいして準備とかしてなくて、
この程度しか写してませんwww
5

写真をとるほうよりも「生」をずーーーーーーっと楽しみたかったから

そんな気持ちはものすごく充足されたの。

欠けて行く太陽は、三日月とかそんなレベルじゃなく
そう、まるで、視力検査のCの字みたいに、
一か所だけ欠けて、きゅうううううんって弧を描いている。

細い細い弧の輪がこれ以上無理なくらい大きくまがって、

あたりはうすぐらくなった。。。。

雲がかかっていたとか、それだけじゃないはず。
確かに、急速に冷え込んだの。

見始めた時は雲がかかってなかったから、照りつける太陽で暑いくらい。

日陰になれは気温が下がるのは当たり前だけど、
7時半が間近になってくると、
ぐううううううって気温がさがって、
歩道橋の上ではあちこちから「・・寒いっ!!」の声、声、声。

でも、ビルの上のダイキンエアコンの温度計は最初から最後まで19度のままだったんだって。
8

こういう温度計はにぶいのかな??
だって、たしかに、あの時間帯だけはほんとに腕に鳥肌がたつくらい、すううううって冷えたんだよ。

そしておとずれた7時28分・・

「輪になったああああああああああああああああああああああああああああああ」

歩道橋の上は歓声でつつまれる。

うすぐもが天然のフィルターとなり、
日食グラスをもっていない人もキレイな金環が楽しめたんです。。

太陽は、細く細く、美しいオレンジの弧を描き
私たちの胸には、ふるえるような感動がわきおこり、
なんていうか・・・・・・心がとてもやさしくなって、幸せで幸せでたまらなくなったんです。

みんなの笑顔はほんとにやわらかくて、

なんなの?この、ハートが満たされていくこの想い。

この場所にいてよかった・・って思いました。

通天閣にいっても楽しかったと思う。

だけど、私はガラス越しじゃなかったことがとても嬉しい。
気温の低下を体感できたことがとても嬉しい。
最初数人だったからこそ、仲良くなれた人達がいて、その人達と歓声あげられたことがとても嬉しい。

日食グラスを交代でつけて、記念写真をとりあって

きがついたら、日食の写真とるの忘れてたんだけど(^^;

歩道橋の上で、記念撮影したこと、私の一生の思い出です。
さすがに顔がうつっているからここにアップはできないけれど。

一緒にうつった方々とはもう二度とあわないかもしれない。
だけど、どんなにばらばらになって、一生をすごしても、
私たちそれぞれは、きっと死ぬまで「楽しかったなあ」って、
「あの時、わいわい素敵な時間をすごしたなあ」って、
きっとそれぞれがそんなふうにこの日の瞬間を思い出す。
思い出すたび、「あの時の人たちも、こんなふうに思い出しているんだろうなあ」って
確信がもてるんです。

お互い出会えてよかったと、ありがとうって何度も言いあいながらお別れしました。


不思議なもので
金環の時間がおわるとともに、厚い雲が太陽を覆い、
とたんにほとんど見えなくなってしまいました。

いっせいに動きだす駅前の人、人、人・・・・・・

こんな特別な空気を味わえて、私は幸せだったです。

そして、小学生のころのあの金環日食の写真を見た時の気持ちを鮮明に思い出しました。
あの時の自分に思わず言葉をかけたんです。
「叶ったね。。」って。


いまね、こうして、深夜に思い出しながらブログかいてるだけでも、涙がでる。思わず声がもれてしまうくらい。

なんか不思議。

小学生の時の自分が・・それは自分なんだけど、そこに別の人格がいて、
その子の「願い」がとてもいとおしい。

小さな本の中の小さな白黒写真。
何十回とかそんな回数じゃなく、来る日も来る日も写真を眺めていた。

しし座流星群と、金環日食と、

絶対見るんだと決意した日、その時の自分の年齢を計算して、あまりに遠い未来に実感がわかなかった。

月日はながれて、どちらの願いも叶ったことは、幸運であったけれども、できるかぎりにがんばった結果でもあったと思っています。
いやでも、どんなに願ってもどんなにがんばっても、身動きできない事情が生じれば見れないわけで
やっぱり、運命に感謝しないわけにはいかないですね。

一緒にみてくれた人達、ありがとう。
見るべきだといってくれた、お父さん、お母さん、ありがとう。
よかったねっていってくれたみんな、ありがとう。
太陽と、月と、雲と・・・みんなみんなありがとう。

これでもう、いつ死んでも・・・・



えっと・・・・皆既日食が残ってたわねwww
って、いつ見れるのかまだ全く調べていませんが。。
スポンサーサイト

狭い窓の中の猫

もう随分前から

たぶん、20年とかいわない、それ以上前から、

謎の猫窓があるのです。

私の通学路ではなかったし、その前を通る時はいつも車ですっと行くからじっくりみたことはなかったんだけど

昨日やっとブレーキふんで、あわてて車の窓から携帯で撮影しました。

そこは、三差路で、車とめにくいとこなんですよー。



これなんですけどね・・

__ (2)

この日はたまたま一匹でした。

多くの場合、右と左に一匹ずつ、向かい合って座っています。

いつもなんです。

いつここを通っても、必ず猫が座っているんです。

これには実家の父も、「ここ、どうなってるんやろう・・」って

すごく狭い場所っぽいんですけど、閉じ込められてるの?でもそれだったらトイレはどうするの?

実は私たちは、ガラスの向うの白いものは障子窓だと思っていました。
ほら、ガラスと障子の二重窓。
それだったら、猫は出入りすることはできませんよね。
でも昨日の写真をみたら・・
内側の白いのは布??
これは、横の方に隙間がありそうですね。

そか、猫はここに閉じ込められていたわけではないんだ。自分の意思でこの窓から外をみていたんだと安心^^
・・・・・そうだよね??

どっちにしても、いつ通っても、寒い日でも、
ガラスのとこにはりついてお座りして外をじっと見てる猫ちゃんたち。

たぶん、同じ猫じゃなくて、代はかわっていると思うのだけど、

この窓の前を通る人間にとっては、
まるで時がたっていないような不思議な光景が何年も何年も繰り返されているのです。

よし。次は絶対、二匹が並んですわってるとこ撮ってやるー。

先客

今夜は特になんてことないことなんだけど


これ、ちょっと前に某所にアップした写真。

__ (104)

仕事で、この場所の写真が必要ででかけていったら、先客が二名もいたという(^^;


その時ここまでアップして、このあとはブログに書く~とかいっといたんだけど、そのままでした。


このあと、このお二人にそっとちかづいて、真上からアップで写そうとしたのよね。

こちら、ぜんぜん逃げないし!!!
__ (105)

じっと見上げられたわ。


なかなか度胸のすわった御仁だ・・と感じ入る。


じゃ、次はお隣の・・・あ!

おとなりの色白のお方はさっと飛び立ち、


フェンスをのりこえ、こんな狭いとこにとまって、ちろっと振り返ったのです。

__ (106)


えー・・・・

今はここまでしか書けない(^^;


この場所がなんなのか、

白い方が逃げ込んだ、この空間はなんなのか、

そもそも、なんで私はこのお二人を仕事で撮影してしまったのか、



書こうとしたけど、まだ書けないの~~

(じゃ、アップするなとw)

うーん。一カ月後??早くて一カ月後くらいには、この場所のご紹介ができるはず。

今、私が力をいれてる場所なのだ。


ご紹介出来る範囲でするけん、待っててくだされ。

楽しみにしとかなくていいからw




トレーナー

実家の母から、「お前の服やろ?片付けてたら、出てきたんだけど。古くなってるみたいだけど、どうする?」って言われたのは・・


__ (100)

学生時代のサークルで作ったトレーナー。

「星の会」でつくった最初のおそろいの服です^^

背中はこんな感じ。

__ (101)-2


なつかしいなあ。。

「星の会のトレーナーつくろう!!」って誰かが言いだして、
びっくりして、わくわくして。

こうやって眺めてみたら、なんだかとってもシンプルで。

今、いろんなスタジアムで、いろんなサポクラがおしゃれな凝ったおそろいのシャツつくって着てるのを見るけど、
そういうのとくらべたら、ほんっとシンプル・・レトロ・・

でも、あの時は、かわいくって、ぴかぴかに見えて、
これ着て学内を歩く時、そわそわしながらなんだか誇らしかったのを覚えてる。



そして、こっちは確か、第二段。
__ (102)

この星座の配列は・・もちろんわかるよね^^

問題は腕の名前。

「Mr.ブルー」って書いている。

これ、星の会の部長してた同級生のOくんのこと。彼が「がき帳」(らくがき帳)に書く時のペンネーム。

私が買ったのは水色だったんだけど、
男の子なのにピンクを頼んだ彼。
結局女の子っぽいからって、私が買ったんだったっけ??
そこんとこよく覚えてない(>_<)

私のトレーナーは「Pochi」って書いてたんだー。私のペンネーム^^


このトレーナーの背中です。

__ (103)

初めてイラストが入りました^^


「かわいいいい」って皆でうきうきして、男の子たちも喜んで着ていました。


卒業して随分なるんだけど、
このタイミングででてくるなんて。

6月にね。卒業以来はじめての、サークルの同窓会があります。

絶対行きたいなあ。。高知。



トレーナーのタグはちぎれかけて、

襟元や袖口は、こすれて白っぽくなってるけど、

「これは大事にとっとかないとね。」って母が。




6月までに・・・やせるなんて無理だわね(^^;


ドライブ

ぬーすんだバイクで 走りだー・・・したわけじゃないけど

夜、ぽつぽつ雨の降る中、車を走らせました。

どらいぶ


毎日いっぱいいっぱいで

すんなり家に帰ることができなくて、もやもやしてそのまま車を走らせました。


でも、15の春なんかとっくに通り過ぎた私の運転は超超安全運転。

ほんの少し夜のドライブするだけで気持ちってちょっと落ち着くものなのね。

頭がわーーーーって煮えてたのが少し大丈夫っぽい。

それだけなんだけど。今日のブログは。


プロフィール

ぐりーん

Author:ぐりーん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Comment Balloon

お久しぶりにコメントします^^
私もファン感行きました♪
あいにく私は逆側だったため
選手の顔があまり見えなかったのですが、、、。
ブログで楽しませていただきま

12/08 09:45 ゅき

ありがとう。。。

12/15 21:57 つー

新戦力期待ですね!

激励会の情報もUP希望です。

宜しくお願いします。

02/27 06:12 G-chan

こんばんは
ネットをさすらっていたらココに流れ着きました、ギラサポです。
ユージ君の写真ARIGATOございます。
とってもいい選手なので応援よろしくお願いします。

03/07 23:04 ぎょんぎょん

ぎょんぎょんさん、こんばんは^^
コメントありがとうございます。
木村くんの写真、この一つ前のブログにいっぱいでてますけど、見ていただけました?
ギラヴァンツの

03/09 00:31 ぐりーん

こんばんは。
レッズ戦は負ける気がしないんですが、
阿部ちゃんには勝てないのかな~。
ハラハラドキドキする試合でした。
ユージ君、もっともっとやる選手ですから

03/23 23:26 ぎょんぎょん

ぎょんぎょんさん、レッズ戦、見に来られたんですか?それともテレビ?その日、試合前に木村選手と高木選手のインタビュー動画が流れてたんですよ。いらしてたら見れたかな

03/24 07:26 ぐりーん
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。